銀行融資の格付けと法人税|法人税 節税対策

  • HOME
  • 税務顧問・税務サービス案内
  • 税務会計・節税対策に役立つ情報
  • 事務所案内
  • お問い合わせ

銀行融資の格付けと法人税|法人税 節税対策

銀行格付とは

AAAやAA、BBBでは要注意等と表記されるのが、一般的な格付けですが、銀行では貸出先に対して、このような格付を行って適用金利を決定しています。
この信用格付制度は、自己資本と利益を重視したもので、利益を多く出し、資本が厚い会社が良い会社として評価されます。

銀行評価

梅‥

利益を削減し、かつ、資本が薄い会社 売上が比較的多くても資本金が1000万円、貸借対照表の資本の部が1,000万円+αという会社は意外と多いのではないでしょうか? 節税をし、格付という意識に疎い社長の会社では、このような状態になっていることだと思います。これでは銀行は良い顔をしないに決まっています。格付けの高いベクトルは全く反対です。

竹‥

利益を削減するが、資本が厚い会社 格付はやはり大事という社長が行うのが増資です。増資をすれば資本は厚くなるので、格付けの一方である資本の評価ポイントは上がります。しかしながら節税により利益が薄くなってしまえば格付の評価は自ずと限界があります。

松‥

利益を出し、資本も厚い会社 やはり王道は利益を出し、増資もしていくことです。こうなると税金を多大に負担しなければ‥と考えてしまいがちです。普通に考えるとその通りです。

節税と銀行融資の格付けをお考えの法人様へ

蔵人会計事務所は、顧問先向けに格付UPをするための節税策を取り入れています。
節税をしたいが利益が下がりすぎて銀行格付けが下がることは不安という方は、是非ご相談ください。格付が下がらず節税を実現する方策をご提案させていただきます。

当事務所では、 セカンドオピニオン顧問税理士も行っております。
現在、御社で実施されている節税対策に疑問をもたれている方は、お気軽にお問い合わせください。

  • セカンドオピニオン顧問税理士のご案内
  • 税理士をお探しの方、税理士変更をお考えの方へ
  • 医療税務相談・経営サポート